歌い継ぎたいふるさとの歌【夜久野賛歌】




夜久野町には(福知山と合併する前)、夜久野町歌がありました。

この歌は、夜久野町発足25周年記念事業(昭和58年・1983年)として、町歌の募集があり、町内に在住の、藤本八重子様が選出され作詞されています。


藤本八重子様は、その当時の事を、『生まれも育ちも嫁いだのも夜久野であり、見慣れた山や川を光景と共に風習なども思い浮かべつつ、稚拙ながら日頃作っている短歌調でまとめてみましたが、応募までには幾度もためらいを重ねて投稿しました』『入賞の発表を知った時は、まさか と信じられず奇跡の起きたような驚きでした』と語られています。(夜久野自治会だより第50号記念特集号.H31.3記載より抜粋)



平成18年(2006年)に福知山市と合併し、町歌は、夜久野賛歌として残りました。


夜久野賛歌のレコード及びCDは、福知山市立図書館夜久野分館にてレンタルされています。


最新記事
​日付で検索
タグから検索
まだタグはありません。